SAKURA TERRACE 日々のつぶやき


by sakura-terrace

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

c0189698_11191426.jpg
7月5日(月)から始まる企画展のはがきができあがりました。
今回のサクラテラスの企画展のタイトルは「封筒 〜フウトウ ヲ カイボウ スル〜」。

詳しい企画展の内容は、会期中の企画展レポートにてご紹介していきたいと思いますので、そちらもまたご覧になってください。よろしくお願いいたします。

企画展「封筒〜フウトウ ヲ カイボウ スル〜」
会期/7月5日(月)〜10月1日(金)、開館時間/10:00〜17:00
059.gif 開館時間延長日(夜8時まで開館)
7/7(水)・8/4(水)・9/8(水)・10/1(金)
お仕事帰りにもご来館いただけます。

名刺封筒紙製品山櫻http://www.yamazakura.co.jp/
[PR]
by sakura-terrace | 2010-06-22 11:26 | 展示
c0189698_10583071.jpg手紙をテーマとしたフリーペーパー「かしこca.ci.co」のvol.17がサクラテラスに届きました。

今回の号から、弊社も協賛企業として「かしこca.ci.co」を応援しています。封筒やカードなど手紙に関する製品も製造しているメーカーとして、手紙文化の素晴らしさを様々な方に知っていただきたいと思っています。

さて、今回の特集は「暑中見舞いと残暑見舞い」です。基礎知識や文例、タレントのルー大柴さんの手紙インタビュー、「手紙文化をよみがえらせる」というテーマの対談などの記事が掲載されています。

c0189698_11125314.jpg巻末のプレゼントのコーナーでは、弊社製品の「名刺10面付 スッ切リカット」がプレゼントとして掲載されています。

「名刺10面付 スッ切リカット」はマルチタイプの名刺専用プリンター用紙で、名刺が10面付されたA4サイズ。予めカットされた用紙を特殊な方法で固定してあるため、滑らかな切り口の名刺が手軽に作れます。両面に印刷もできて、文字や写真も鮮明に再現できる優れものです。YAMAZAKURA net storeでも購入できる製品です。こちらもご覧になってみてください。

040.gifYAMAZAKURA net store040.gif
名刺・封筒・はがき・紙製品がビジネスだけでなくプライベートでも購入できる、山櫻のオリジナルネット通販サイトです。>>>http://yamazakura.line-up.jp/

名刺封筒紙製品山櫻http://www.yamazakura.co.jp/
[PR]
by sakura-terrace | 2010-06-18 11:24 | つぶやき
c0189698_1312261.jpg 東京スカイツリー定点撮影記録その9。6月12日現在、公式HPでは高さ398メートルです。

今回の撮影はサクラテラスの屋上(右の画像)からの撮影が5月28日。定点観測地(下の画像)に出掛けたのが6月11日と少し間があいてしまいました。

画像をよーく見ると、展望台の部分の形がまったく違います。2週間違うとこんなに姿が変わってしまうほどのスピードでどんどん成長しています。

今月は梅雨に入り撮影のチャンスが少なそうですが、月に一度の観測はまだまだ続きます。
c0189698_1311284.jpg
【東京スカイツリー】 http://www.tokyo-skytree.jp/

055.gif【SAKURA TERRACE トークショー マイスターシリーズvol.3】
すみだマイスター×monoスペシャル「職人モノ」
「雑誌メディアと職人論」
■ゲスト:塚田 進(すみだマイスター、墨田区伝統工芸保存会 会長)
     杉本 恵理子(monoマガジン 編集人)
     富岡 麻紀子(墨田区産業観光部 産業経済課 産業振興担当主査)
■日時:6月23日(水)19:00~20:30(18:30開場)
■場所:サクラテラス
■定員:30名 *定員になりしだい締め切らせていただきます。
■申込方法:氏名・所属・連絡先・人数を明記の上、
 メールまたはFAXでお申し込みください。
 E-mail/talk@yamazakura.co.jp、fax/03-5625-0631
■問い合わせ:サクラテラス TEL.03-5625-0630(代)

名刺封筒紙製品山櫻http://www.yamazakura.co.jp/
[PR]
by sakura-terrace | 2010-06-15 13:20 | 東京スカイツリー
c0189698_11305324.jpg毎回ご好評をいただいているサクラテラスのトークショー 「マイスターシリーズvol.3」を開催することとなりました。

今回のマイスターシリーズは、すみだマイスターも登場する「すみだ地域ブランド戦略 発進!!」特集が掲載された雑誌「職人モノ」とのコラボレーション企画。

ゲストに木目込み人形職人の塚田進氏、「職人モノ」の編集を担当された編集人の杉本恵理子氏、墨田区役所で主に「すみだ地域ブランド戦略」を担当されている富岡麻紀子氏をお招きして、職人論、雑誌の制作エピソード、雑誌メディアの効用などをテーマに語っていただきます。

職人も編集人も広い意味での「モノづくり」というところで共通点があるようです。そして情報を発信したり、それぞれの持っている魅力をどう表現しPRしていくのかなど、職人も編集人も行政も同じ悩みと課題があるようです。

トークショー当日は雑誌「職人モノ」の販売も行いますので、皆様お誘い合わせの上ご来場ください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

055.gif【SAKURA TERRACE トークショー マイスターシリーズvol.3】
すみだマイスター×monoスペシャル「職人モノ」
「雑誌メディアと職人論」
■ゲスト:塚田 進(すみだマイスター、墨田区伝統工芸保存会 会長)
     杉本 恵理子(monoマガジン 編集人)
     富岡 麻紀子(墨田区産業観光部 産業経済課 産業振興担当主査)
■日時:6月23日(水)19:00~20:30(18:30開場)
■場所:サクラテラス
■定員:30名 *定員になりしだい締め切らせていただきます。
■申込方法:氏名・所属・連絡先・人数を明記の上、
 メールまたはFAXでお申し込みください。
 E-mail/talk@yamazakura.co.jp、fax/03-5625-0631
■問い合わせ:サクラテラス TEL.03-5625-0630(代)

名刺封筒紙製品山櫻http://www.yamazakura.co.jp/
[PR]
by sakura-terrace | 2010-06-11 10:51 | イベント

ポレンの封筒とカード

c0189698_10293870.jpg左の画像は、弊社が運営するYAMAZAKURA net storeで販売している商品です。

これはフランスを代表する総合紙製品メーカーのクレールフォンテーヌ社が展開する、「Pollen(ポレン)」というレターツールラインから、弊社がセレクトした商品です。

日本ではなかなか見つけることができないような個性的でカラフルなラインナップは、レーザープリンタやインクジェットプリンターにも対応している厚手の色画用紙でできています。
*各種プリンターへの対応は、弊社が推奨しているものではありません。予めご了承ください。

個性的なカラーは封筒とカード、紙とインクのカラーコーディネートをしたり、シールやマスキングテープ、柄や形の面白い紙のコラージュをしたりと、グリーティングカードを送ることとつくることの両方を楽しめます。ちなみに、画像のサンプルはサクラテラスのスタッフがつくったものです。ビビットな色は、意外にも使いやすく、印象的なカードに仕上げることができます。

この封筒とカードがつくられているフランスでは、グリーティングツールにこだわるのもフランスならではのart de vivre(暮らしの楽しみ方)のひとつだそうです。

c0189698_11413483.gif商品の詳細はYAMAZAKURA net storeをご覧ください。右の画像は、クレールフォンテーヌ社のロゴマークです。どこかで見たことありませんか?恐らくノートに印刷されたロゴマークを目にされたことがあるのでは?日本では1970年代より書き味の良い輸入ノートとして、また洗練されたフレンチ雑貨として販売されています。

040.gifYAMAZAKURA net store040.gif
名刺・封筒・はがき・紙製品がビジネスだけでなくプライベートでも購入できる、山櫻のオリジナルネット通販サイトです。ポレンはYAMAZAKURA セレクトショップでお買い求めいただけます。 >>>http://yamazakura.line-up.jp/

名刺封筒紙製品山櫻http://www.yamazakura.co.jp/
[PR]
by sakura-terrace | 2010-06-08 11:55 | つぶやき
c0189698_1632564.jpgサクラテラスでは6月1日(火)の18:30〜、企画展クロージング トークショー「2010年の桜を振り返る 〜墨田区の桜、知ってるつもり?〜」が開催されました。

サクラテラスがある墨田区に縁の深い、向島百花園「茶亭 さはら」の亭主である佐原滋元氏、墨田区観光協会 すみだ観光プロデューサーの千葉良規氏、そして「櫻茶ヤ」専務の雨宮隆治氏をゲストにお招きし、墨田区の桜の歴史的背景や、お花見スポットやスカイツリーと桜を望めるスポットなどをご紹介いただきました。

お話をお聞きすると墨田区の桜、いわゆる隅田川沿い(墨堤)の桜を語る際に歴史とは切っても切り離せないものなのだということがわかりました。歴史を紐解いていくと、様々なことがつながり、あ〜そうだったんだぁとか、なるほどねぇ〜なんて、今まで何で?と思っていたことが全て線となって繋がっていくようで、改めて歴史を知ることの面白さを感じる時間となりました。

名刺封筒紙製品山櫻http://www.yamazakura.co.jp/
[PR]
by sakura-terrace | 2010-06-04 16:41 | イベント